初恋の話を淡々としていく

初恋の話を淡々としていく

1:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 02:57:42.12 ID:F9+YiFkU0
深夜だし書き溜めなんてしてない 
寝れないし時間があるのでまったり書いていきます 
すぺっく 
25歳、女、地方でOL 
幼いころから人の顔色伺う八方美人 

まずは基本から抑えたいサ恋愛・婚活サイト!

ゼクシィ縁結び

私は母子家庭で 
母親は昼も夜も働いていたので 
自分でできることはなるべく自分で頑張ろうとする子供だったらしい 
別にそれが苦だと思ってなかった 
むしろ母親の負担が少しでも減るならと思い 
朝ご飯作るのも掃除も洗濯物畳むのも率先してた
2:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 03:03:59.72 ID:F9+YiFkU0
ある日母親が再婚しようかと思ってると私に相談してきた 
私小学3年生のときである 
最初は戸惑ったけど 
父親って存在に憧れもあったし 
その母の再婚相手には何度か会ったことがあって 
いい人だなぁと感じていた 
(禿げてたけど) 
何より再婚することで母がちょっとでも 
自分の時間作れるならと思ってた 
そして母再婚 
私が小学6年になる前に3人家族になった
5:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 03:13:45.07 ID:F9+YiFkU0
新しいお父さんは一緒に暮らし始めてもやはりいいお父さんだった 
母親はそれまでの仕事を辞めてスーパーのパートを始めた 
(それまでは看護師とスナック勤め) 
休みの日は遊園地や動物園に連れてってくれた 
母と一緒に作ったお弁当をお父さんはすごく褒めてくれた 
すごく嬉しかったし、母も「1はほんといい子」って言ってくれた 
中学1年はお父さんの仕事の都合で引っ越すことになった
9:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 03:28:24.71 ID:F9+YiFkU0
引越し先はものすごい田舎だった 
都会とまではいかないものの、そこそこな都市で 
生まれ育った私にとっては衝撃的なほどの田舎 
まずコンビニなんてものはない 
それに相当するのは朝10時から夜6時までという営業時間の商店 
そこには本もちょっとだけ扱ってて 
愛読してたりぼんという漫画雑誌を発刊日に買いに行くと 
なかよし(同じく漫画雑誌)しか置いてなかった 
しかも前の月のものだった 
「あれ?おばちゃん出し忘れてる?」と思って聞くと 
りぼんは取り扱ってないとのことだった 
しかも基本雑誌は半月遅れで入荷するらしいのだ 
りぼんを楽しみに暮らしてた私のとってはものすごくショックだった 
12:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 03:35:21.58 ID:F9+YiFkU0
学校は1学年1クラスしかなかった 
うちの学年は25人くらいいたが 
他の学年は10人しかいないときもあった 
校舎はかっそかそな学校で生徒数も少ないくせに新しくてきれいだった 
聞くと10年前に改築したらしい 
なんだかすごくアンバランスに感じたことを覚えてる
14:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 03:43:03.77 ID:F9+YiFkU0
アニメでよく見るように担任の若い男の先生が私の名前を黒板に書く 
そして 
「今日から新しくクラスに入る1さんです、じゃあ1さん一言お願いします」と言った 
(本当はもと方言入りまくりだけどw) 
うわーwwアニメの転校生みたいwwwと舞い上がりつつも 
前日家で練習してきた自己紹介をする 
「○○からきた1です、好きな教科は国語で好きなスポーツは一輪車です」 
「まだこっちのこと知らないので教えてください、よろしくお願いします」
16:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 03:53:51.95 ID:F9+YiFkU0
新しいクラスメイトがパチパチパチと拍手してくれ、 
私は空いている席に座らされた 
このクラスは机をコの字型に配置してて私の両隣は女の子だった 
一人は体の大きい運動できそうな子、 
もう一人はメガネで恥ずかしがりっぽい子だった 
続けてクラスメイトから私に自己紹介を順番にしてくれた 
ここでなんとなくクラスのムードメーカーくらいは掴めた
17:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 03:57:44.16 ID:F9+YiFkU0
そして私の後ろの席の男の子に順番が回ってきた 
「学級委員長の原田です、わからないこととかあったら聞いてください」 
短いけどしっかりとした声だった 
そして他の子ほど訛りがないなーと思った 
それが彼の印象だった 
後ろの席だったので顔はあまり見なかったw
18:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 04:04:10.13 ID:F9+YiFkU0
休み時間に何人の女の子が私の席に来てくれて 
「名前かわいいねー」 
「○○っちって呼んでもいい?私は●●って呼んで!」 
「○○に住んでたんだよね?いいなぁ、すごい都会っ子だね!!」 
「家、神社の近くなんだよねー?」 
等とたくさん話しかけられた 
素直に嬉しかった 
正直友だちできるか不安だったからね 
その日の夜お父さんと母親に 
「いっぱい友だちできたー!」と報告した 
二人とも「よかったねー今度家に連れておいで」と言ってくれた
19:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 04:17:28.93 ID:F9+YiFkU0
1ヶ月もすると私はすっかりクラスに溶け込んでいった 
仲のいい友だちもできた 
まゆちゃんという背が小さくていつもツインテールにしてる女の子だ 
学校の校則で髪を結ぶゴムは黒かこげ茶と指定されてたんだけど 
学校の帰りにまゆちゃんに薄ピンクのかわいい髪ゴム(シュシュに近いかも)をあげた 
まゆちゃんはすごい喜んでくれて 
私も当時ポニテにしてたので 
「今度遊ぶときお揃いで付けようねー!」と約束した
20:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 04:26:04.10 ID:F9+YiFkU0
そしてその週の日曜日 
私はポニテにまゆちゃんとお揃いの髪ゴムをつけて 
待ち合わせ場所の神社に行った 
1「まゆちゃん!」 
ま「あーひなっちごめん!」 
1「ん?」 
まゆちゃんの謝罪の意味はすぐわかった 
お揃いでつけるといった髪ゴムをまゆちゃんはしてなかった 
ま「あ、あのね髪ゴムお母さんに取られちゃった・・・ごめんね・・・」 
なんとなくまゆちゃんは嘘ついてるなぁとピンときた 
あげたときあんなに喜んでくれたのに何でだろ? 
もしかして私とお揃いなのが嫌だったのかな?と思ってしまった 
1「あ、、、そんなのいいよー!大丈夫!はは!!」
21:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 04:29:32.77 ID:F9+YiFkU0
ま「次は絶対付けてくるからね!ほんとごめんね!」 
理由はどうあれ、懸命に謝るまゆちゃん見てると 
逆にこっちが申し訳なくなった 
それから私の家に行ってゲームしたりして遊んだ 
遊んでるうちに髪ゴムのことなんてどうでもよくなってたが 
次の週もまゆちゃんは髪ゴムを付けてこなかった 
24:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 04:36:29.39 ID:F9+YiFkU0
そしてある日、普段通りに授業を受けてたら 
思いがけないところでまゆちゃんの髪ゴムを発見することになる 
なんでそこを見てしまったのかはわからない 
でも見てしまったんだ 
私の隣の席の体の大きい子のリュックのポケットから 
見覚えのある薄ピンクの髪ゴムがはみ出してたんだ
50:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 23:38:07.78 ID:7yPKgZxR0
まゆちゃんから聞いた話だと 
やっぱり、ゆめこちゃんに髪ゴムをとられたらしい 
私を無視しろって言ったのもゆめこちゃん 
ほんとごめんなさいって何度も謝られた
52:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 23:49:52.20 ID:7yPKgZxR0
怒りはなかった 
ただ前のように普通に話できるのが嬉しかったなぁ 
そしてわたしはゆめこちゃんがクラスを牛耳ってることを知ることになる 
まゆちゃんの話では 
田舎で子供の数も少ないのでイジメらしいイジメはなかったらしい 
でも小さい頃から、ゆめこちゃんは特別な存在で 
「お友達、特にゆめこちゃんとは仲良くしなさい」 
と両親に口を酸っぱくして言われたらしい 
なので町の子供たちはほぼ全員ゆめこちゃんのイエスマンだとのこと
53:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 23:54:40.74 ID:7yPKgZxR0
ゆめこちゃんの家は 
町の中でも一番か二番の地主さんで 
簡単に言えばゆめこちゃんは超お金持ちの娘さん 
しかもゆめこちゃんのおじいさんかひいおじいさんかは 
村の功労者(何したかはまゆちゃんも詳しく知らない)で 
村長さんも頭が上がらないとかっていう噂らしい 
とにかく私たちとゆめこちゃんの間にある 
見えない格差はこの町では当然のことで 
まゆちゃんだけじゃなく他の子も何もおかしいと思うことはなかったらしい
55:名も無き被検体774号+:2012/04/02(月) 23:59:10.73 ID:7yPKgZxR0
ま「でもゆめこちゃんが唯一敵わない子がいるよー」 
1「えー誰それー?」 
ま「原田」 
1「へー」 
ま「なんか噂だけどゆめこちゃんと原田ってイイナズケらしいよ」 
1「イイナズケって結婚するってこと?二人は両思いなの?」 
ま「たぶんね!」 
許嫁なんてまるで漫画だなぁ・・・
57:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:08:59.17 ID:HcvCO/qs0
1「そういえば金曜日原田くんから電話かかってきてゆめこちゃんに言っておくって言われた」 
ま「そうなんだー!イイナズケだもんね!」 
1「そうだねー」 
そのあとに原田くんに「あの、ありがとう!」とだけ言った 
彼は「うん」とだけ言ってた 
その後席替えがあったのもあり 
私はゆめこちゃんになるべく関わらないように生活した
58:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:16:31.84 ID:HcvCO/qs0
中2になると突然私にモテ期がくる 
きっかけは多分髪を切ったこと 
今までは長い髪をオールバックで無造作に 
後ろで結ぶというオバサンスタイルだったのだが 
前髪を作り長さを肩くらいに揃えたら 
すごく印象が変わった 
お父さんも「なんか若くなったなww」と言ってくれた 
59:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:24:37.24 ID:HcvCO/qs0
最初の変化は 
3年生の男子が私たちの教室にやってきては 
ちらちらこっちを見て話してること 
無視事件があったし、よく知らない子に見られるのは気分はよくなかった 
次の変化は 
クラスの友だちが 
「○○(同じクラスの男子)がひなっちのこと可愛いって言ってるよ!」 
とはやし立ててきたこと 
誰が誰のこと好きって話はよく話したり、聞いてたけど 
その話題の中心に自分が出てくることは今までなかったので戸惑った 
そしてその噂は一気に小さなクラス中に広まった
60:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:32:36.01 ID:HcvCO/qs0
その噂は 
ひなっちのこと可愛いと言ってた 
↓ 
ひなっちのこと好きだと言ってた 
↓ 
ひなっちも好きだと言ってた 
↓ 
両思い 
という風に変わって広まっていった 
私は何も言ってないし、 
私のこと可愛いと言ってるらしい男子とは話すらしてないのにねw 
そんな中、学校帰ろうと教室出ると 
原田くんに呼び止められた
61:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:37:22.33 ID:HcvCO/qs0
原「あのさ、これ帰ってから読んで」 
1「え?何これ?」 
原「じゃ、ばいばい」 
1「え?ばいばい」 
原田くんは私に一冊のメモ帳を手渡し、ダッシュで部活に行った 
言われた通り家に帰ってから中見ようと思ったが 
気になるので帰り道歩きながら読んでしまったw 
○○と付き合ってんの? 
       ↓
64:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:42:20.43 ID:HcvCO/qs0
↓ってことは下に返事書けってことかな・・・ 
これってどういうことだろう・・・ 
なんで原田くんがこんなこと聞くのかな 
原田くんはゆめこちゃんと付き合ってるし、まさか私のことなんて好きにならないし・・・・ 
とりあえず私は 
付き合ってないよ 
とだけ書いて翌日原田くんに渡した 
その日の帰り、またも原田くんに同じメモ帳を渡された 
中には 
付き合ってないなら付き合ってないってちゃんと言ったほうがいいよ。 
と書いてあった
65:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:47:54.52 ID:HcvCO/qs0
翌朝、私は何も書かずに原田くんに渡した 
そして1時間目が終わったあと 
原田くんに「ねぇ」と話しかけられた 
原「なんで何も書いてないの?怒ってる?」 
1「なんでって別に書くことなかったから・・・・」 
原「・・・・」 
1「・・・・」 
原「うざかった?」 
1「え?うざくはない・・・・」 
原「っそ、じゃこれ」 
1「え?」 
原「じゃ」 
再び同じメモ帳を渡された
66:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 00:51:30.60 ID:HcvCO/qs0
中には1ページを使って 
原田くんが自分のことを書いていた 
誕生日、星座、血液型、身長体重 
50メートル走のタイム、遠投の記録 
好きなテレビ番組、好きな給食のメニュー、寝る時間・起きる時間等 
こんなの要らないだろwって情報もあった 
なんかうれしかった
70:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 01:00:01.75 ID:HcvCO/qs0
私も原田くんと同じように自分のことを次のページにたくさん書いた 
無駄に蛍光ペンとか使って書いた気がするw 
はしゃいでたんだろうなwww 
翌日は学校が休みだったので来週が楽しみだった 
土曜日、母親と農協に買い物に行った 
夕ご飯の材料を買い込んで車に乗り込もうとすると 
「あ、1さん!」 
と声をかけられた 
原田くん含め、そこにはクラスの男子たち何人かがいた
71:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 01:06:55.02 ID:HcvCO/qs0
母親が「クラスの子でしょ、話しておいで」と言ってくれたので彼らの元に行く 
1「みんな何してるの?」 
男子1「部活の帰りだよ」 
男子2「疲れたーww」 
1「そっかーお疲れーじゃ、私戻るね!」 
男子1・2「おーまた学校でな」 
原「1さん」 
1「ん?」 
原「ううん ばいばい」 
1「う、うん ばいばーい」
72:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 01:13:45.55 ID:HcvCO/qs0
車の中で母親に 
「なにー?あの中にひなこの好きな人でもいるの?」 
と聞かれた 
「何言ってんのww馬鹿じゃないのwww」 
と言いつつも学校外で原田くんに会えたことは嬉しかった 
もう少し話したかったなぁ 
とは思ったけど自分が恋してるとは思ってなかった
74:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 01:21:51.54 ID:HcvCO/qs0
月曜日、例のごとくメモ帳を渡そうとしたが 
その日は朝から原田くんのそばにゆめこちゃんがいて 
渡す機会がなかったので 
帰りに原田くんの靴箱の中に入れておいた 
その翌日、昨日私がしたのと同じように 
私の上履きに挟まれる形でメモ帳が置いてあった 
内容は部活疲れたとか、あの先生はなんか嫌いとか 
主に学校関連のことだった 
日記みたいな感じかな 
最後に土曜日農協で会ったことについて書かれてあった 
まさか1さんに会うと思わなかった 
1さんの私服姿初めて見れて嬉しかった
76:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 01:28:08.56 ID:HcvCO/qs0
こんなん書かれて好きにならないはずないだろ 
私は完全に原田くんが好きになってしまった 
でも、原田くんはゆめこちゃんのものなので 
仲のいいまゆちゃんにすら話すことはなかった 
告白なんてことは考えもしなかった 
原田くんとはその交換日記をしばらく続けた 
直接的にメモ帳を渡してたわけじゃないからか 
ゆめこちゃんはじめ、クラスの子にはまったくばれなかった 
その交換日記は 
私が高校に入学して携帯を買ってもらうまで続いた
77:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 01:33:24.08 ID:HcvCO/qs0
高校は町に1校しかなかったので 
中学のクラスメイトがそのまま持ち上がりって感じ 
それもう一つある中学校の子たちが加わった 
高校になると 
原田くんはびっくりするくらいモテるようになった 
髪を伸ばし始めたことと 
ゆめこちゃんという存在を知らない子がいたせいだろう 
そもそも持ってるものは悪くなかった 
奥二重だったけど目は大きかったし
81:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 01:57:27.06 ID:HcvCO/qs0
でもメールは毎日してた 
それだけで私は幸せだった 
新しい友達も出来たし、私はそれなりに楽しく過ごしてた 
102:名も無き被検体774号+:2012/04/03(火) 04:23:25.04 ID:HcvCO/qs0
それから数日後、原田くんからメールがきた 
「今日部活は?」 
「ないよー」 
「一緒に帰んない?」 
「え?いいの?」 
「1さんが大丈夫なら」 
「私は大丈夫だよ」 
久々のメールで心弾んだ 
しかも約束して一緒に帰るなんて初めてのことだった 
彼女(ゆめこちゃん)いるけどいいのかなと思った 
でも心臓ぎゅううううってなるくらい嬉しかった 
学校終わって急いで自転車置き場に向かった
114:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:17:11.17 ID:Sywq+1BZ0
自転車置き場に行くと 
私のほうが早かったのかまだ原田くんの姿は見えなかった 
「今どこ?私は自転車置き場にいるよ!!」 
とメールするとすぐ返事がきた 
「みんなに見られるとまずくない?裏のポストあたりで待ってて」 
原田くんが指定してきた場所は 
あまり生徒が通らないところだった 
そうだよねー 
たしかに一緒に帰ってるところをゆめこちゃんや 
ゆめこちゃんの友だちに見られるとまずいよねー 
・・・だったらなんで一緒に帰ろうなんて言うんだろ 
ちょっと落ち込んだけどとりあえずポストのとこで待ってた
116:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:22:46.54 ID:Sywq+1BZ0
5分くらい待ってると原田くんがやってきたので 
自転車で並走しながら話しをした 
原「待った?ごめん」 
1「ううん 平気」 
原「話すの久々な気がする」 
1「あーそうかもね 最近メールしてなかったからかな?」 
原「そうだね」 
1「うん・・・」 
話せてすごく嬉しいんだけど 
なぜかいつもみたいに言葉がうまく出てこなくてしばらく沈黙が続いた 
自転車を漕ぐキーキーって音と蝉の鳴く音がうるさかった
117:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:29:21.57 ID:Sywq+1BZ0
1「あ、最近メール返ってこなかったけど部活忙しいの?」 
原「ううん あ、でもちょっとしんどい時もあるかも ごめんね」 
1「あ!いいのいいの!」 
原「うん・・・・」 
1「・・・・」 
1「もうすぐ試験だねー嫌だねー」 
原「そうだねー」 
1「・・・・・」 
原「・・・・・」 
どんな話題でも話が膨らまなかった 
本当は色々聞きたいことがあった 
なんで今日一緒に帰ろうって言ってくれたの? 
なんで校外で待ち合わせしようって言ったの? 
でも怖くて聞けなかった
118:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:31:26.49 ID:VqhPYxmHO
Wktk
119:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:35:44.24 ID:Sywq+1BZ0
突如、原田くんが口を開いた 
原「東原先輩とどう?」 
1「えっ、あーいい人だよね!メールとかすごいマメだし、普通にかっこいいよね」 
原「ふーん 付き合うの?」 
1「えw 付き合うとかそういう感じじゃないと思うよ?」 
原「でも1さんは先輩のこといいって思ってるんでしょ 先輩は1さんのこと好きだよ 
だったら両思いだね」 
1「それはないよーw 告白とかされてないもん」 
原「ふーん・・・・」 
と急に原田くんが自転車を止めた 
並んで走ってたけど少しだけ原田くんが前で出てたので 
えっえええってびっくりして、私も止まった
120:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:37:14.32 ID:ft3Do8XZ0
まってました! 
122:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:42:00.81 ID:Sywq+1BZ0
>>120 
ありがとう(´;ω;`) 
がんばって今日も書いていくよー! 
1「え・・・?何?どしたの?」 
原「あのさ、俺1さんのこと好きだよ」 
1「・・・・は?」 
原「本当は東原先輩のアドレス渡すのとかすっごいいやだったし、すげームカついてた」
原「あとあの人すっごい1さんに馴れ馴れしいじゃん」 
原「んで今もかっこいいとかいい人って1さんが言ってるの聞いてすごいムカつく」 
原「今すごい恥ずかしいこと言ってるの分かるけど、でも嫌なんだよね」
123:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 00:46:00.49 ID:+e2tX4nI0
告白キター
127:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 01:02:12.83 ID:Sywq+1BZ0
1「暑いね・・・お茶飲む?」 
原「いらない」 
1「あ、そう・・・」 
原「・・・・」 
1「原田くんってゆめこちゃんと付き合ってるんだよね?」 
原「は?付き合ってないよ」 
1「え?でも仲いいし、私昔聞いたんだよ 二人は許嫁だって」 
原「許嫁とか今時ないよ普通・・・」 
1「はぁ」 
原「ゆめこ発信の噂にしか過ぎないよ」 
  「最初はみんなにからかわれて否定してたけど、きりがないし否定し続けるの面倒だったから放置してた」 
  「ていうか結婚相手くらい自分で選ばさせてよ」 
1「じゃ、じゃあ付き合ってるんじゃないんだね・・・」 
原「うん 俺初めて好きになったの1さんだもん」 
ええええええええ 
心臓というか内蔵出るかと思うくらいドクッてなった
128:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 01:14:50.76 ID:Sywq+1BZ0
1「で、でもさ!なんで一目を避けて待ち合わせしようなんて言ったの?」 
 「みんなに見られるの嫌だったんでしょ」 
原「それは1さんのほうでしょ 俺と帰ってるの原田先輩に見られるとまずいじゃん」 
1「えー・・・・・」 
私も原田くんも鈍感すぎた 
1「ならもし私と付き合うことになったら堂々と一緒に帰ってくれるの?」 
原「うん」 
1「そっかぁ・・・・」 
原「付き合ってくれるの?」 
1「えっ・・・あ、あのー・・・」 
原「はっきり言ってくれていいよ ダメだったら諦めるし」 
1「私も原田くんのこと好きだったよ」 
 「交換日記のときぐらいからずっと好きだったけどゆめこちゃんのこと気になってたから黙ってた」 
原「あ、俺1さんが転校して前の席になったときから好き 俺のほうが勝ち」 
 「みんな1さんが髪切ったあたりから可愛いって言い出したけど、俺もっと前から思ってたから」 
 「だからそこらへんの奴なんかと俺は全然年季が違うから」 
普段はこんな子供っぽいこと言わないので 
原田くんがすごくかわいく感じた 
ますます好きになった
130:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 01:25:57.07 ID:Sywq+1BZ0
こんな感じで私と原田くんは付き合うことになった
これが私の初恋です
129:名も無き被検体774号+:2012/04/04(水) 01:16:32.72 ID:VqhPYxmHO
青春、か…

まずは基本から抑えたいサ恋愛・婚活サイト!

ゼクシィ縁結び

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ