喪女だけどいきなりプロポーズされた

 喪女だけどいきなりプロポーズされた
1 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:27:51.72
このスレを開いた以上聞いてもらうぞ<●>_<●> 

まずは基本から抑えたいサ恋愛・婚活サイト!

ゼクシィ縁結び

2 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:29:49.96
早くしろ 
3 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:31:47.74
自分は筋金入りの喪女。 
付き合ったことはおろか告白すらされたことはない 
周りはどんどん青春を謳歌するピンクな奴らばかりなのに 
男性経験なんかありゃしない 
恋人はゲーム 
ときめく相手は画面の中 
エ○いこと考える時はBL小説 
絶賛モテない宝のもち腐れ処女のまま、ついに20代後半に突入した
6 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:35:14.09
20代後半になると周りはどんどん結婚していき 
せっかく久しぶりに会った友達も子連れでゆっくりできなかったり 
話をしても旦那の愚痴と書いてノロケですだったり。 
心の中までもにょもにょしているのについにカーチャンから 
「あんたはいつ孫の顔を見せてくれるの」 
ひょえー
10 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:38:04.28
カーチャンからのひとことがきっかけで、 
ついに結婚相談所に登録する決心がついた 
どきどきしながらプロフィールカードに記入し、窓口のおじさんに渡す 
おじさん、プロフィールを確認しながらおいらをチラ見 
え、今ため息ついたよね?ついたよね???????
17 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:42:51.01
おじさん「男性に求める条件はありますか?」 
1「え?いや、誰でもいいです」 
おじさん「…(沈黙)…。まあ、あなたにも選ぶ権利はありますから、希望年収とかありますか」 
1「えーっと、定職がある人だと嬉しいです」 
おじさん「ああ、うちは男性は定職についてないと登録できないから安心して下さい。他には?」 
1「えー???? あ、じゃあイケメンだと嬉しいです」 
おじさん「容姿重視っと」 
1「いや重視はしてませんけど」 
おじさん「ちょっと黙ってて」 
1「すんません……」
20 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:45:50.84
カネいくらかかった? 
27 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:49:37.84
>>20 
登録は無料で、紹介受けたら5000円 
比較的安価なとこだと思う
24 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:47:33.35
とりあえず「定職有り」「結婚歴はあってもいいが子連れ以外で」という条件で探すことになった 
本来は相談所のパソコンで検索して紹介してもらうのだが、 
プロフィールが何百とあり面倒でとても見る気にならない 
というかもうすぐ銀魂の時間じゃん 
一度もパソコンを見ることなく帰宅した
33 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:52:57.11
それから1週間、登録したことすら忘れていた時、 
結婚紹介所から電話が入った 
なぬ、おいらを気に入ってくれる男がいたということか!? 
お姉さん「いえ、まだご紹介できるお相手はいらっしゃいません」 
1「さいですか(´・ω・`)」 
お姉さん「今回はお見合いパーティーのご紹介をさせていただきます。」 
1「お見合いパーティー?」
38 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 21:57:39.54
お見合いパーティーなんてテレビの中の世界だと思っていたので 
実際に自分に参加の話がきても何となく現実感がもてないでいた 
それに顔だけでなくこの出っ張った腹を不特定多数の男性の目に晒すだと? 
あまり乗り気でないおいらにお姉さんはこう言った 
「せっかくの出会いのチャンスを逃されるのはもったいないですよ。 
 ご自分を変えたくはないですか?」 
何気ない言葉だったが、今まで男性との接触が一切ないおいらには 
胸に突き刺さる一言だった
47 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:03:00.48
なんやかんやでお見合いパーティー当日。 
気合いを入れて化粧をし、 
頑張って髪も巻き巻きしてみて、 
出っ張った腹を隠すためにフリフリの洋服なんて着ていざ出陣。 
田舎屈指のホテルのレストランに乗り込む。 
誰もいねえ
49 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:08:00.63
嘘だろだって開場時間ピッタリだし 
ちゃんと会場前にも「●●お見合いパーティー」って掲示があったじゃん 
慌てるおいらに近づく司会さん 
司「こんにちは、早いですね」 
1「え、早いですか?」 
みんな車で来るのでギリギリまで車の中で待機し、 
10分前くらいにぞろぞろと受付に来るのだそうな 
なんの儀式?田舎だからか?
51 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:10:54.48
司会の人に相手をしてもらいながら人が集まるのを待つ 
あ、なんか司会の人いい人じゃん 
1「(いっそこの人付き合ってくんないかなあ)」 
喪女はコンビニ店員からお釣りを手渡されるだけで恋に落ちることができるのです 
5分前にようやく人が集まりはじめ、お見合いパーティーが始まった
52 名前:恋する名無しさん[] 投稿日:2012/03/25(日) 22:19:36.63
>>1 
明日は憂鬱な月曜日 
とか思ってたら、楽しそうなスレがあった。 
きっと>>1さんは、本性が素朴な女性なんだろうな。
53 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:20:20.25
最初は司会が冗談を交えながらパーティーの流れを説明 
まずは既にテーブルにセットされている用紙「プロフィールカード」に自分の情報を記入 
各トークタイムで交換してスムーズに話題を作るためのものらしい 
次にプロフィールトークタイム 
男女がずらっと横一列に並び、目の前の席の異性と1:1で一回5分のトークをする 
参加した異性全員と順番にトークすることができ、このトークタイムでお気に入りの異性を見つける 
それから20分の筆記タイム 
気に入った異性の番号を用紙に記入し、かつその異性にむけて一言添えることができる 
なんか平安時代の恋文みたいな感じ 
そしてフリートークタイム 
自由に席を移動してよく、気に入った人に声をかけて話すことができる 
というものだった
62 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:25:42.39
正直、開会まで会場はお葬式ムードだった 
ワイワイ話せる雰囲気じゃない 
みんなから緊張が伝わってくる 
異性に気軽に話しかけられるわけがない 
だいたいここはアレだろ、おいらみたいにモテない人が集まってるんだろ 
コミュ障の宝庫だろそりゃ沈黙もするっつーの 
あまりの空気の重さに耐え切れず、おいらは隣の女の子に話しかけた
68 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:32:50.30
1「(名札を見て)Aさんっていうんだ、どこからきたんですか?」 
A「●●町からですよ~」ニコッ(*´∀`) 
1「(おお、笑顔が可愛い!) 
  へえ~、遠いところから来てるんですね! 
  わたしは隣の▲▲からですよ~」 
A「1さんも遠いところから来てるんですね」 
1「そうなんですよ、なかなか出会いがないから 
  遠くても頑張って参加しないと」 
A「ですよね!出会いないですよね! 
  わたし初めてだから、1さんいろいろ教えてくださいね♪」 
1「うん、一緒に頑張っていい人見つけようね! 
  (ごめんちゃいおいらも初参加です。Aちゃん萌え~)」
69 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:36:25.62
女同士で話していると、司会者がやってくる 
司会「お二人さん仲良しだね~! 
    でもせっかくだから、話すなら男の人と話してみよう!」 
司会者のカルいツッコミを受けながらプロフィールトークタイムスタート
70 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 22:44:06.33
最初にトークしたのは38歳の工場勤務の人だった 
口下手だけど一生懸命話を盛り上げようとしている感じ 
不器用さがいいなあと思い、おいらの方からも質問をしようとすると 
司会「はい、五分経ったから男性は隣の席に移動してね!」 
次にトークした人は30代の自由業の人だったと思う 
早口だけど、間があかないようにやっぱり一生懸命トークしてくれる 
この人もいい人だなあとおいらの方から質問をしようとすると 
司会「はい、五分でーす!男性は隣の席に移動してね!」 
こんな調子でどんどんトークをしていった
72 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 23:00:01.76
次のトーク相手は28歳自由業の男性。 
受身じゃなくて自分から話しかけないと! 
1「(ぷろふぃーるかーどを見ながら) 
 映画が趣味なんですね。わたしも好きなんですよ。 
 最近は3Dの映画が迫力があっていいですよね」 
男「僕3D映画観たことないんです……」 
1「Σ(゚Д゚;)(ヤベッ話題変えなきゃ…不自然にならないように……) 
  そうなんですか~、××市に3D対応の映画館ができたんで、 
  機会があったらみに行ってみてください!」 
男「はあ……」 
1「ははは!」 
男「………」 
1「………」 
男「………」 
1「あ、そういえb 司会「はい、五分でーす!男性は席を移動してください!」
76 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 23:20:58.61
そしてようやく、後にプロポーズをしてくれる男性とのトークタイムが始まる。 
1「こんにちは、よろしくお願いします!」 
男「あ、よろしくお願いします」 
挨拶をすませ、プロフィールカードを交換。 
40代後半、国家公務員。 
好きな動物、犬猫。 
好きな食べ物、特に無し。 
結婚歴、無し。 
好きな番組、N●K大河ドラマ。 
好きな映画、なし。 
フリーPR欄、空欄。 
1「(4X歳かあ。真面目でいい人そうだけど、おいらより親との方が歳近いし、この人とは縁が無さそうだな) 
  大河がお好きなんですね。今、平清盛やってますね」 
男「ええ、そうなんです」 
トークはおいらの主導で始まった。
78 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 23:35:57.64
1「(この人、目合わせてくれないなあ。照れ屋なのかな?) 
  平清盛ってアンチヒーローなイメージがあって」 
男「うん」 
1「大河で平清盛取り上げるの?って感じだったんですけど、 
  ドラマ観るとアツい男ってイメージに変わりました。 
  こういう発見があると面白いですよね」 
男「ボソッ」 
1「え?」 
男「ボソボソ」 
会場もザワついているので聞こえない。 
失礼ながら、相手の口に耳を近づける。 
男「そうなんです…勉強になるんです……」 
恥ずかしそうに言うところに、不覚にもキュンとなった。
79 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 23:46:06.80
その後もおいらの主導でトークは続き、 
相手が何かしゃべる度においらが耳を近づける。 
そんなことを繰り返しているうちに、5分終了。 
やがてプロフィールトークタイムも終了し、司会がマイクを持って進行する。 
司会「皆さん、どうでした?素敵な異性は見つかりましたか~? 
  では、筆記タイムです! 
  各テーブルにあるお気に入りカードに、気に入った相手の番号を記入して、ひとことPRを添えてください! 
  そのカードは、恋のキューピッドであるこのわたしが、責任をもって相手にお届け致します。 
  みなさん愛情をこめて書いてくださいね!」 
愛情を込めろと言われても、20人と話すとさすがにヘトヘトで、 
トークしながら書いたメモを見ても、どの番号が誰だった記憶が一致しない。 
既にどうでもよくなっていたおいらは、Aちゃんとダベりながら適当に「司会者さんv」とか書いていた。
80 名前:1[] 投稿日:2012/03/25(日) 23:54:09.26
カードの記入が終わり、お手伝いの人が収集する。 
最初はお葬式だった会場が、トークでかなり雰囲気がやわらぎ、 
各テーブルでみんななごやかに話していた 
そしてその間を縫って、司会者がカードを相手に届ける 
Aちゃんには3枚ほどカードが届いた。 
おいらのところは閑古鳥です(´ー`)
82 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 23:58:15.63
ま、人生そんなもんだよなあと思いつつAちゃんのカードを覗く。(今考えたらかなり失礼なやつ) 
1「おお!モテモテじゃん!いい人いる?」 
A「ううん、目当ての人じゃなかったです」 
肩を落とすAちゃん。 
20人も居ると相思相愛の確立は低くなるわな。 
元気出せよと慰めていると 
司会「はい、1さんもラブレターきてるよ~。あ、ちなみに僕は奥さんいるから、ごめんね!(>∀<)チャハッ」
84 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:02:58.16
はい、人生初のラブレターキタコレ!\_(^◇^)_/ 
嬉しい嬉しい!超ウレスィーーーーーーーーーーーーーッッッッッ!!!(*´∀`*) 
誰からだろ、どんなこと書いてるんだろ、とワクワクして中をみるおいら。 
「    気になる人:  1さん 
     PR:       空欄                」 
えらくシンプルなラブレターでした。 
差出人もわからんし。
85 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:07:54.98
肩透かしはくらったものの、おいらなんかでも見てくれる人がいたことにしばらく感動する。 
嬉し恥ずかしのラブレタータイムも終了し、ついにフリートークタイムがやってきた。 
フリートークは本当に自由時間で、 
今まではテーブルを指定されていたが、 
この時間だけは誰でも好きなテーブルに座ることができ、 
誰とでも自由に話すことができる。 
おいらとAちゃんは疲れていたので席を移動せず、 
ドリンクを飲みながら二人でまったりと過ごしていた。 
そこへ、29歳営業マンがやってくる。 
営「なにこのテーブル、女の子しか居ないじゃーん! 
  寂しくね?寂しくね?だったら俺が居てあ・げ・る!」 
うぜえ
86 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:13:01.24
だがこの営業マン、トークはうざいがさすがは営業職。 
ドリンクが切れたらいつのまにやら追加注文をし(これは本当にうまいと思った)、 
話に広がりをみつけると食いついて盛り上げ、 
そばを通りかかった参加者がいたらテーブルに呼び寄せ人数を増やし、 
あっという間にうちのテーブルは会場の中心になった。
87 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:17:30.51
色んな話題が飛び交う中、さきほどのお気に入りカードの話題になった。 
営「っていうか二人とも、さっきカードもらってたじゃん? 
  モッテモテ~!!モテ期到来!? 
  で、カードくれた人とはペアトークしないワケ???」 
1「ペアトーク?」 
A「何ですかそれ?」
88 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:24:52.32
ペアトークとは、お気に入りカードを受け取った相手がOKすれば、 
フリートークタイム中に専用の席が用意され、 
差出人と二人きりでできるトークのことだそうな。 
1「へー、そんなのあるんだ。面白いね」 
営「でしょ?俺はなんでも知ってるんだよね!」 
A「営業さんはペアトークしないんですか」 
営「うわひっで、Aチャンそれ聞く? 
   俺のとこにはカードきてませんッ>< 
   二人は俺にラブレターくれなかったんだね、泣いちゃうう゚(゚´Д`゚)゚」 
うぜえ
89 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:27:14.27
で、おいらはお気に入りカードを見直してみた。 
差出人名が空欄になっているが、文字がかなり特徴的だ。 
探せば差出人がわかるかもしれない。 
味気ないが、人生で初めてもらったラブレターだ。 
差出人を知りたい。 
おいらは司会者にペアトークを希望した。
91 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:31:43.22
今回はペアトーク希望者がゼロだったため、 
司会者は喜び勇んで差出人を捜索してくれた。 
お気に入りカードの文字と 男性のプロフィールカードの文字を照らし合わせ、 
ミスして平謝りしながらも(最初はミスって別人を連れてきた) 
男性22人の中からついに差出人を見つけ出した。 
40代後半、国家公務員の男性だった。
96 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:43:33.12
専用の席が用意され、ペアトークタイムが始まる。 
正直、この人からカードがきたのは意外だった。 
プロフィールトークは全然盛り上がらなかったから 
つまらない思いをさせたと思っていたし、 
何より耳を近づけたということは、 
「聞こえない」という、相手からすれば失礼な意思表示をしていたからだ 
ドリンクを注文し、まずはカードのお礼を言う
98 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:52:15.61
ペアトークも特に盛り上がりはなく、 
かつやっぱり耳を近づけなければ聞こえない感じで進み、 
おたがいの趣味や交友関係の話をした。 
特別楽しいトークじゃなかったけど、落ち着いた調子で居心地はよかった。 
そのうちおたがい「ピアノを習っていた」という共通点がみつかる。 
おいらはショパンやバッハ、ベートーベンみたいな 
音楽の教科書にのってる本当の有名どころしか知らないが、 
相手はかなり詳しい感じだった。 
だからといって男性にありがちな「知識披露」をしようとはせず、 
おいらがわからなかったら「そういう作曲家もいたんですよ」程度にとどめてくれた。 
やっぱり大人だなって思った。
99 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:56:22.65
話しているうちに、相手(以下国)の目がチラッと隅にあるピアノに向かった。 
たぶん普段は生演奏とかに使ってるやつだと思う。 
ピアノは好きなので、おいらは特に考えなしに 
「何か弾いて下さい」 
と言ってしまった。 
それを、司会者はバッチリ聞いていた。
100 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 00:59:43.03
司会者の指示ですぐにピアノの蓋が開けられ、 
国さんとおいらはピアノの前までエスコートされる。 
そして会場中から「なんだなんだ」という視線。 
司会者は笑顔で国さんにピアノ椅子に座るようすすめるが、 
国さんは恥ずかしそうに下をむく。 
え、もしかしてマズかった? 
101 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:04:09.00
よく考えてみたら、国さんは昔ピアノを習っていたと言っていただけで、 
今も弾けるとは言っていない 
好きなら、弾いてなくても聴いてるだけで満足できるし、 
曲が好きなだけなら弾けなくたっていくらでも詳しくなれる 
やばい、このままでは国さんに恥をかかせてしまう。 
おいらは自分の発言に責任をもつことにした。 
1「あ、わたし弾きます!弾きたいです!」
102 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:12:25.74
おいらだって昔ちょっとやってただけで、上手に弾けるわけじゃない 
でもここは発表会会場じゃない 
大したウデじゃなくても、メジャーな歌謡曲やメドレー的にご当地ソングや地元の祭りの曲を弾けば 
ウケはとれるかもという算段はあった 
というわけで、頑張ってAKB弾きましたよ 
たまにマリオとかハレハレ入れてみましたよ 
わかる人居たみたいで、たまに笑いがとれましたよ
103 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:14:58.89
それなりに自己満足したところで弾き終えると、 
国さんがポカンとこっちを見ている 
ああ、国さんAKBとかハレハレなんて知らないんだろうな…… 
なんか恥ずかしくなって笑ってごまかしてると 
国「小犬のワルツ弾いてください」 
なぜかクラシックをリクエストされた 
104 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:20:38.12
小犬のワルツはピアノの詩人:ショパンの曲で、 
一言で言うと「めっちゃ早い曲」。 
でも指使いは難しくないから、ゆっくりなら弾けるかな~と適当に弾いてみる 
しかしかなりブランクがある上、楽譜もないので左手を間違えまくる。 
まあメロディがあってればいいや~と開き直って弾いていると、 
聴きかねたのか、国さんが左手を鍵盤に添えた。 
国さん、弾けるんじゃん!!
105 名前:1[] 投稿日:2012/03/26(月) 01:27:46.37
ちょっとした連弾気分で楽しむと、 
弾き終わった後に司会者が拍手。 
Aちゃんも拍手。 
他にも何人か拍手をくれて、かなーり気持ち良い経験となりましたヽ(*´∀`)ノ 
で、そんなこんなでフリートークタイムも終了。 
ついに気に入ったお相手を記入し、マッチングすればカップル誕生という 
お見合いパーティーのメインイベントに。 
A「1さんは、さっきの人を書くんですよね?」 
当然みたいに言われるが、もう一度言う。 
20歳差である。 
30代とかなら確実に記入してぜひぜひ末永くお付き合いしたいが、 
親との方が年が近いのである。 
年齢の壁にさすがに悩むおいら。
106 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:33:32.12
司会者もそれに気づいたのか、おいらに耳打ちする。 
司会「だいじょーぶ。ここでマッチングしたからって、イコール恋人ってわけじゃないんだよ。 
   あくまでも、お友達になりましょうってこと。 
   もしマッチングしたら、ちゃんとそのことは説明するから、とりあえず国さん書いときなよ」 
そうなんだ! 
はい、お見合いパーティーでマッチング=即ゴールインだと思ってました\_(^◇^)_/目からウロコ 
まあ冷静に考えればそうだ 
出会って数時間ではい恋人ってのも変な話だよね 
というわけで、安心して国さんを記入。 
国さんもわたしを記入してくれ、晴れてマッチングし、一応のカップル成立ということになった。 
司会「マッチングした人は、このあと説明がありますから残って下さいねー!」
109 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:40:52.63
その後、 
「あくまでも恋人になるためのステップのひとつで、即恋人ってわけじゃないからね!」 
「ちゃんとデートを重ねて、おたがいの距離を縮めていってね!」 
「何かあったら相談所に連絡してね!」 
という説明を受け、今度こそ解散。 
まだ時間があったので、おいらは1Fのカフェで国さんとお茶することにした。
110 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:45:50.33
カフェで二人でコーヒーを飲みながら連絡先を交換し、 
お話しながらやっぱりマッタリした時間を過ごした。 
そして帰る時間になる。 
おいらは電車で、国さんは車で来ていたので、国さんは 
「送ります」 
と言ってくれた。 
そして駐車場にあったのは、まさかのハリアー(;゚Д゚)
111 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 01:53:41.73
車好きの人からしたらハリアー如きで( ´,_ゝ`)プッ.とか思うかもしれん 
だけどおいら庶民中の庶民だもん、軽ラブだもん>< 
こりゃ汚せない……とさりげなく靴の泥を落としてから乗るチキンなおいら。 
そして国さんの運転で帰路に着くおいら。 
走りながら話すと、外に居るより国さんはよくしゃべる。 
密室の方が声も聞き取りやすいし、 
案外落ち着いたところなら会話が盛り上がるなあとか頭の端で考えてた。 
そして、タイトルの通りになる時間は刻刻と近づいていく。
112 名前:1[] 投稿日:2012/03/26(月) 01:55:45.16
やがて家の近くのコンビニに着くと、国さんが急に喋らなくなった。 
どうしたか聞いても答えないし、別に顔色も悪くない。 
何か怒らせたっけ?と思い返してみるが心当たりはない。 
なんだよーとか思いながら外に出ようとすると、 
国さんはおいらの肩をつかんだ。 
国「あなたと結婚したいです」
113 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 02:03:28.83
そのあとのことは頭がフワフワしてよく覚えてない。 
なんかあやふやなこと言って逃げてきた気がしなくもない。 
ただバッチリ次に会う約束はした。 
桜の開花時期に合わせ、桜の名所の公園で散歩する予定。 
その時に何て言えばいいのか悩んでもにょもにょして、 
とりあえず誰かに聞いてほしくてこのスレ立てた。反応してくれた人ありがと。 
たしかにいまどき、年の差結婚なんて珍しくないのかもしれない。 
けど喪女のくせに、喪女だからこそ、 
世代間の感覚のズレとか、 
それこそ年収差だとか、いろいろ考えてしまうわけです。 
だっておいら年収200万前半だお…… 
貯金なんてないお…… 
結婚資金とか向こうに全額出させるのってどうなの?いいの?世間って難しい>< 
ではおやすみなさい
114 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 02:30:08.64
追い付いた! 
おぉ~面白かったよ!喪女の方っていうのは本当に文才あるよな!読みやすかったヽ(・∀・)ノ 
でも実際悩むねぇ~そんだけの歳の差は…お相手もメッチャ真面目な良い方だし、きっと本能的なところで1とは凄く合うと思う。 
ただいきなり今日の今日でのプロポーズはねwwでもそれこそ生真面目さの現れとも思えるし( ´∀`) 
とりあえずもう少しお会いしてみると良いと思います。 
あんまりズルズルすると、もし「ごめんなさい」の時に向こうを傷つけちゃうかも…と優しい1は考えそうだが。 
深夜に和んだ。頑張れ頑張れ!!
120 名前:1[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 13:09:31.36
途中送信してしまった 
>>114 
まともに恋愛すらしてこなかったから 
いきなり目の前に人生の選択がぶら下がってキョドッてます 
年の差や恋愛云々を考慮せず、現段階の情報だけで見るなら 
・感性的なところで共通の話題がある 
・社会的信用がある 
・生活が安定している 
・×なし、連れ子なし 
・ちゃんと車で送ってくれるとかやっさすぃ~! 
と、結婚相手としては好条件の人だし 
ってか貧乏なおいらからは玉の輿の勢いだし 
この先おいらなんかがこんな素敵な人と出会えるとは思いづらい。 
でも結婚って自分だけじゃなく、相手にも幸せになって貰わなくちゃいけない。 
もし国さんと結婚したとして、家事も大して得意じゃない、年収も低い、 
こんなおいらが相手にどういう幸せを与えてあげられるか、 
一緒にどういう幸せを築いていけるか、といろいろ考えてしまう。 
>とりあえずもう少しお会いしてみると良いと思います。 
そうだね、そうしてみる! 
何はともあれ、お互いを知らないとね。 
あ、でもおいらのこと知られて幻滅されたらどうしよう? 
何回目くらいのおデートで返事するのがいいのかなあ。
130 名前:114[sage] 投稿日:2012/03/27(火) 02:25:00.99
>>120 
大丈夫だ。 
>・感性的なところで共通の話題がある 
これが一番大事なんじゃょ。しかも今まで喪女だったのなら、 
「初めてお付き合いするかも」「もしかして結婚まで進んでしまうかも」 
…な相手がそんな人だなんて最高ではないか! 
料理出来ない云々は、相手を大切に思うならば後からきっとついてくる。 
>こんなおいらが相手にどういう幸せを与えてあげられるか、 
一緒にどういう幸せを築いていけるか、といろいろ考えてしまう。 
これもきっと、世の中のどの男女も結婚に至るまでには悩みに悩みまくったに違いない。 
でも1のそのバイタリティがあればイケる気がするわ! 
なんにせよ、彼が今一番望んでいるであろう幸せは、1が隣にいてくれることなのだから。 
だから幻滅されるかもなんて思わず、「こんな趣味もあるんだけどさぁ~」って、ゆくゆく切り出したらいいべ。 
返事は焦るべからず。ここから先は、恋愛で一番楽しいワクワクな時間だよ! 
ゆっくりたっぷり時間をかけお互いを知り、そして優しい関係を育みなされよ ( ̄~ ̄)b

まずは基本から抑えたいサ恋愛・婚活サイト!

ゼクシィ縁結び

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ