15年片思いした話

5年片思いした話
1:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:08:21.25 ID:VTdCu/6C0
たったら書く

3:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:10:36.58 ID:VTdCu/6C0
スペック

ふつめん
175 ヒョロガリ
23歳


相手
かわいい(能年玲奈ちゃんに似てるから以下能年)
155cm?
ちっぱい
24歳
4:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:11:45.96 ID:VTdCu/6C0
出会いは小学校に入る前だった。
当時ハイパーマザコンだった俺はいつも母と一緒に行動してたせいもあって、保育園ではあまり友達がいなかった。
それを心配した駄菓子屋をしてた、ばあちゃんがよく来てくれる子供に俺と仲良くしてくれと声をかけていた。
そこによくお母さんと一緒に買いに来てた子が能年だった。
第一印象はこいつ小さいな、年下かな?だった。
聞いてみると家から50mも無いとこに住んでてご近所だった。
5:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:12:50.44 ID:VTdCu/6C0
ばあちゃんのお陰もあって数人の男友達もでき小学校に入学。
この頃、能年とは近所ですれ違ったら手を振るぐらいの関係でしか無く話したこともなかった。
6:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:13:55.24 ID:VTdCu/6C0
俺の地元は田舎では無いんだが学年で20人弱くらいしか人がいなかったせいもあって
なにかと一つ上の学年と合同で授業することが多かった。
7:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:15:00.55 ID:VTdCu/6C0
そこで一つ上の学年に能年が居るのを知った。
能年はよく笑う笑顔のかわいい子だった。
いつ見ても笑ってた。
彼女の黒髪は本当に綺麗でよく女子たちに触られてるのを見た。
いつからか、俺は能年を目で追うようになった。
休み時間や合同授業、登下校はいつも能年を気にしていたと思う。
今思うとこの頃からもう彼女のことが好きだったのかもしれない。
9:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:17:55.55 ID:VTdCu/6C0
みんなも分かると思うが小学生の男子ってのは好きな人に構って欲しいがために、ちょっかいを出す。
俺もその一人だった。
ことあるごとにちょっかいを出して、能年を困らしたかもしれない。
11:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:18:59.51 ID:VTdCu/6C0
俺がちょっかいをだすと、
「もぅ!!俺くん!!やめてよ!」って言ってよく笑ってた。
たまにやり返してくる時の彼女の怒ってるような笑ってるような表情が俺は大好きだった。
そういう時に彼女は俺のことを弟のようだと友達に話していた。
構ってもらえるのが嬉しくてよく能年の教室に顔を出したりした。
12:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:20:03.34 ID:VTdCu/6C0
友人には
「なに、お前あの子のこと好きなの?」
ってよく言われた。
俺はいつも、恥ずかしいから
「ちちちちちちち、違うわい!!」
と躍起になって否定していた。
今考えると誰がどうみても好きにしか見えない。
15:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:23:17.09 ID:VTdCu/6C0
能年は一足先に中学に入学、美術部に入ったようだった。
その間これといった進展はなく俺も続いて中学に入学した。
特にやりたいこともなかったので友人に誘われたバスケ部に入った。
バスケ部と美術部加えて一つ学年が違うので当然のことながら接点は皆無だった。
16:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:24:21.18 ID:VTdCu/6C0
能年が先輩に告白されてたとか同級生に好きな奴がいるだとか、そんな情報だけに聞き耳を立てていた。
どうやら能登はまだ付き合ったことがないようだった。
それを聞いてから構って欲しくて登下校や学校の廊下で見つけてはちょっかいを出していた。
19:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:26:30.37 ID:VTdCu/6C0
中学になると元気な奴から根暗にジョブチェンジが成功した。
晴れてお前らの出来上がり。
女子には
「先生!俺君が授業中にエッチな本読んでます」
と言われて生徒指導のゴリラに掴まれて職員室行きになることもあった。
が中二病にそんなものが効くはずもなく、変わらず虹への探究心は衰えなかった。
20:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:27:38.47 ID:VTdCu/6C0
そうこうしている内に能年が卒業する時期になった。
今よりも会えなくなると思った俺は相当焦っていた気がする。
が、友人の話によると卒業間際に能年に告白して散っていった奴が多数いたらしい。
ざまぁwwwと思う反面、人のこと言ってる場合じゃねぇと思いヘコんだ。
22:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:29:12.31 ID:VTdCu/6C0
卒業式直前、下校途中の能年の後ろ姿を見つけた。
いつものようにちょっかいをかけにいった。
俺 「うぇいwwww」
能年 「び、びっくりした!もーまた俺かー」
俺 「うるせーwww」
能年 「本当に俺は私のこと好きだねー笑」
23:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:30:16.85 ID:VTdCu/6C0
能年は茶化すつもりで言ったんだろうが
俺はなんだか焦っていたのも相まって正直に答えてしまった。
俺 「好きだよ」
能年 「えっ…」
能年 「なにー笑 本気で言ってんの?」
俺 「うん…」
能年 「えっ…そ、そっか…」
俺 「返事はいいいいいつでもいいから」
能年 「今日帰ったら電話するね…」
24:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:31:21.28 ID:VTdCu/6C0
そういって能年は走って帰っていった。
この時ばかりは、テンパり過ぎてて今思い出しても死にたい。
そして受話器の前でオナニーしながら電話を待った。
25:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:32:25.20 ID:VTdCu/6C0
疲れて寝てしまい、ニヤニヤしたかあちゃんに起こされ
「なんか能年ちゃんから電話きてるよー、なにあんた達なんかあんの?」
と言われたがうるさいと言ってトイレに駆け込んだ。
26:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:33:29.51 ID:VTdCu/6C0
俺 「あっ、ごめん俺だよ」
能年 「あっ、うん…」
俺 「えーっと、なんか照れるな」
能年 「うん…」
この後結構沈黙が続いた。
あっ、これ俺振られたわ。
とか思って振られた時のかっこいいセリフ考えてた。
27:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:34:43.50 ID:VTdCu/6C0
俺 「あのさ…別に急がないから後日手紙で返事してくれてもいいよ…」
能年 「あっ、えっと、違くて、えっと…」
俺 「んじゃまた明日…会えたら学校で」
能年 「俺ならいいよ」
俺 「えっ…?マジでry(ブッ
電話切られた。
その日はもう一回抜いて寝た。
29:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:36:55.24 ID:VTdCu/6C0
もちろん、ヘタレの俺にそこからの進展はなく
そんな感じでたまに手紙のやりとりをしつつ、1ヶ月がたった。
能年は春休みも終わり高校生になっていた。
30:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:38:12.48 ID:VTdCu/6C0
その日突然能年が自宅を尋ねてきた。
能年 「あーえっと…ごめん、付き合う前の方が喋れてた気がする。
高校生と中学生じゃ会えないしごめんね。別れよう。」
俺 「…そう。」
俺の決死の告白はなんだったのか。
失意の中時間は流れた。
31:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:39:16.36 ID:VTdCu/6C0
俺は高校生になった。
振られてから能年には会っていない。
登下校の時間も勿論違うので姿を見かけることもなかった。
無駄に勉強は出来たので進学校に入学した。
しかし、俺の中学からその高校に通う奴は殆ど居なく、ぼっちの始まりだった。
部活は個人競技ができる陸上部に入った。
34:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:41:27.96 ID:VTdCu/6C0
そうこうしてる内に2年になった。
やることも無いので部活にひたすら打ち込んだ。
相変わらず能年には会えなかった。
風の噂で能年に彼氏が出来たと聞いた。
でも、へたれの俺にはどうすることも出来なかった。
35:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:42:34.01 ID:VTdCu/6C0
冬になった。
クリスマスも終わり大晦日が迫った日、近所で能年を見かけた。
3年振りにみた彼女は、あまり変わっていなかった。
身長は小さいままだった。
37:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:43:43.31 ID:VTdCu/6C0
この時の俺はどうかしていたんだと思う。
能年 「おー俺!!笑 めっちゃ身長伸びたじゃん!!」
俺 「俺はまだお前のこと好きだ」
第一声から告白しちまった。
勿論振られた。泣いたね。
そりゃーもう泣いたね。
後日、友達から同い年の彼氏が居ることを聞いた。
そりゃ、そうだろうと思った。
40:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:45:52.44 ID:VTdCu/6C0
冬が終わり春になった。
能年は大学に行かず事務職に就いたようだった。
42:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:48:09.09 ID:VTdCu/6C0
桜が咲き始める頃、俺はスーツを身に纏い大学へ進学した。
大学でも根暗な俺に友達は出来なかった。
講義を受けて飯食ってバイトの日々が続いた。
もともと物欲が無かったので気がついたら貯金は50万近く貯まっていた。
45:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:51:25.22 ID:VTdCu/6C0
4年になった俺は、早めに就活も納得のいく企業に決まった。
この頃になるといよいよ両親がいい加減に彼女は出来ないのかと心配し始めた。
でも、俺は上の空だった。
家に籠ってエロゲをして過ごした。
46:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:52:29.09 ID:VTdCu/6C0
梅雨に入り鬱陶しい雨が降る中、小学校時代の友人に飲み会に誘われた。
行ったら能年が居た。
「居ると喜ぶと思って先輩呼んどたよ」と耳打ちしてくれた。
こいつになら掘られてもいいと思った。
47:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:53:35.96 ID:VTdCu/6C0
4.5年振りに観た彼女は相変わらず可愛かった。
薄化粧で綺麗だった黒髪は軽く染められ、肩に掛かる位にまで伸びていた。
ここにくる前に一軒はしごしてたらしく能年は結構出来上がっていた。
49:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:54:44.81 ID:VTdCu/6C0
能年 「おー俺じゃん?久しぶりーまた身長伸びたねー」
俺 おーい大丈夫かよ。身長のくだり前も言ってたよ」
能年 「そうだっけーエヘヘ、就職決まったんだってね、おめでとう」
俺 「ありがとう。能年は仕事どうなの?楽しい?」
能年 「うーん、まぁまぁかなでも毎日楽しいよー笑」
俺 「そっか、楽しそうで良かった」
50:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:56:04.18 ID:VTdCu/6C0
能年 「そーいえば、俺はいい加減彼女出来たの?笑
さっき友人君に聞いたらまだ出来てないって言ってたよ」
俺 「嘘だよwwwもう1年付き合ってる彼女がいるよwww」
友人 「マジかよwww聞いてねぇwwwプリクラ見せろwww」
俺 「死wwwwねwwww」
能登 「やったじゃん!!大事にしなよ」
俺 「当たり前だろwwwワロリッシュwww」
51:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:57:08.22 ID:VTdCu/6C0
彼女の前では、いつも意地っ張りだな。
あんたがまだ好きなんだよ。
と心の中で何度も呟いた。
お互い酔ってたのもあるが、よく考えると初めてこんだけ面と向かって話した気がした。
52:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:58:11.83 ID:VTdCu/6C0
彼女がトイレに行ってる間に
女友達(先輩の友達)と友人にはまだ未練があることを話しておいた。
友人はさっきのが嘘だと分かるとなんとも言えない顔になってた。
53:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 21:59:29.27 ID:VTdCu/6C0
でも、こっから少しでもやり直せる。
俺はまだ能年のことが好きなんだと実感した。
この後アドレスでも聞き出そう。
彼氏がいてもいいじゃないか…
そうだ!メールくらいは大丈夫だろう。
久しぶりに彼女の顔をみてそう考えていた
54:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:00:41.98 ID:VTdCu/6C0
能年 「えっーと、発表します!笑」
女友達 「えー何々www」
友人 「なんすか、改まっちゃってwww」
俺 「どうしたよ笑」
能年 「来年結婚するかもしれない」
女友達 「えっ?おめでとう!どんな人なの?」
友人 (絶句)
俺 「」
57:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:02:19.77 ID:VTdCu/6C0
能年 「2歳年上で同じ職場の人なんだけど、イケメンっていうの。 女友達黙っててごめんねー笑」
女友達 「そそ、そうなんだー!」チラチラ
能年 「みんな結婚式したら来てねー笑」
友人 「も、もちろんすよ!!なぁ俺!!」
俺 「あぁ、そうだな…」
60:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:03:24.39 ID:VTdCu/6C0
彼女は明日も仕事があるらしく上機嫌で帰って行った。
友人には凄い剣幕で謝られたが、
俺はそれどころではなかった。
半分魂が出かかっていた。
64:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:05:32.07 ID:VTdCu/6C0
それから2ヶ月が過ぎ夏に入ったあたりで友人から連絡がはいった。
能年が入院してると。
俺はすぐさまその病院にいった。
65:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:06:35.74 ID:VTdCu/6C0
原因はイケメンだった。
バイクの2人乗り走行中にスピードの出し過ぎで
カーブが曲がり切れず対向車と接触したらしい。
68:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:08:44.84 ID:VTdCu/6C0
俺 「こんにちは、能年の後輩で俺っていいます。お怪我は大丈夫ですか?」
イケメン 「あぁ…、玲奈の。 心配させて悪いね死ななくて良かったよ。玲奈も無事みたいで」
イケメン 「それより俺君バイク好き?」
俺 「えっーと、正直あんまりないですね笑 ごめんなさい」
イケメン 「そっかwまた新しいバイク買おうかなー もうあれ、乗れないしね」
70:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:10:52.55 ID:VTdCu/6C0
俺 「その時って、能年どんな格好してました…?」
イケメン 「えっーと、半袖ショートパンツだったよ」
俺 「能年の怪我みました? ひどい擦り傷で女の子にあれは可哀想ですよ。 事前に注意しなかったんですか?」
イケメン 「距離も近くだったからね…、でもあれは対向車も中央線超えてたし…」
71:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:11:56.41 ID:VTdCu/6C0
俺はもう我慢の限界だった。
目の前が真っ赤に染まるっていうのはこういう事を言うんだと思う。
病人を殴るなんて屑なんだろうけど、気がついたら殴ってたよ。
通りかかった看護師と医者に羽交い締めにされて、出禁になった。
警察沙汰にならなかったのは運が良かったとしか言えない。
72:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:13:03.02 ID:VTdCu/6C0
その後すぐ友人から聞いたのだが、イケメンの祖父が金持ちらしく
慰謝料を払う代わりに別れてくれと言ったらしい。
能年両親は激怒し、慰謝料は入らないからもう、二度と姿を現せないで欲しいと伝えた。
そうしてイケメンはすぐに病院を移転していった。
まぁ、お金は後日送られてきたらしいが。
76:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:16:56.24 ID:VTdCu/6C0
それから1ヶ月が経った。
彼女は幸い足は骨折していなかった。
なのにやたら入院が長引くなと不思議に思っていたのもあり
バレ無いようにビクビクしながら能年に会いにいった。
78:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:20:01.26 ID:VTdCu/6C0
俺 「やぁ、久しぶり…でもないか」
能年 「あっ…俺か。」
俺 「顔出せなくて悪いな」
能年 「ううん、来てくれて嬉しいよ」
俺 「俺のせいで別れさせるような形になって…本当にごめん」
能年 「いや、俺のせいじゃないよ。 あっちの両親は私の診断聞いてからそのつもりだったらしいし…」
俺 「診断って…?どこか悪いの?」
81:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:21:13.47 ID:VTdCu/6C0
能年 「私覚えてないけど背中強く打ったらしいのね。 それで脊髄損傷が原因で下半身麻痺なんだって。
多少の感覚はあるけど歩けるようになるか、分からないの」
能年は泣いていた。
俺はかける言葉が出なかった。
82:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:22:19.18 ID:VTdCu/6C0
やっとのことで、俺が絞り出した言葉は彼女が両親や友人、医者
何度もみんなに言われたであろう子供染みたものだった。
俺 「でも、まだわからないんだろ? リハビリ頑張ろうぜ!」
能年 「みんなも言ってたよ。最初はね。一緒に頑張ろうって。 でも、もうほとんど誰も来てくれなくなったよ。来るのは両親だけ。」
俺 「そんな…」
能年 「みんな口だけなんだよ、本当は思ってもないことをベラベラと。
この歳になって両親に着替えさしてもらうんだから惨めだよ…本当に…」
能年 「ほら、俺もこんなとこ来てないで彼女のところにいってあげなよ」
83:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:23:30.12 ID:VTdCu/6C0
彼女はそう言うと無理に笑顔を作った。
俺の大好きな彼女の笑顔はそこにはなかった。
違う、違うんだ。
俺は能年が。お前が。
どうしてここまで来て言えないんだろう。
俺の糞野郎
俺 「そう…だな。ごめん帰るわ。 もし、困ったことがあったら俺にメールしてくれ」
能年 「うん、またね…」
85:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:24:43.00 ID:VTdCu/6C0
もし、俺がへたれじゃなかったら
直ぐにでも彼女を支えて上げることができただろう。
でも、障害のある人と付き合うのは相応の覚悟がいると言うことが
頭の中をぐるぐる回ってた。
89:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:28:18.13 ID:VTdCu/6C0
それから二カ月の間、ほとんど毎日病院に通った。
でも、彼女は会ってはくれなかった。
彼女の両親曰く、ほとんどの面会を断ち、ベットで過ごしていることの方が多いようだった。
無理すれば、会うことも出来たが彼女が会ってくれるまで待つことにした。
リハビリはあまり順調とは言えなかった。
90:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:29:24.55 ID:VTdCu/6C0
肌寒くなりだし、彼女の両親に能年にとタオルケットと靴下をプレゼントした。
彼女は着けていてくれているだろうか、そんな風に考えていたころ
能年から一通のメールがきた。
「病院にきて」これだけだった。
俺はすぐに病院に向かった。
93:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:33:33.34 ID:VTdCu/6C0
俺 「やぁ、久しぶりでもないね」
能年 「そうだね」
俺 「調子はどう?」
能年 「ぼちぼちかな」
俺 「………」
能年 「あぁー、また俺に身長離されちゃったかなーエヘヘ…」
俺 「そうだね…」
能年 「ねぇ、毎日来てたの?」
俺 「そうだよ、会いに来てた」
能年 「暇だねー君も、彼女とは別れたの?」
俺 「彼女なんて最初からいないよだよ。 ずっと好きな人がいたんだ。 その人の話、聞いてくれる?」
96:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:34:37.17 ID:VTdCu/6C0
突然泣きながら聞いた俺の質問に能年はびっくりしていたけど、笑顔でいいよと答えた。
その時の顔は俺が15年間大好きだった彼女の笑顔だった。
98:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:35:43.78 ID:VTdCu/6C0
お互い身長が小さくて馬鹿にしあったこと。
給食袋振り回して彼女の顔面にぶち当てて泣かせたこと。
課外学習の田植えで泥ぶっ掛けてやったこと。
プールでかなづちの彼女をバカにしたこと。
彼女からバレンタインチョコ貰えないで次の日拗ねてたこと。
中学の時地元の盆踊りで浴衣を着てた彼女に可愛いのに似合ってないって言って殴れたこと。
貧乳バカにしてたら気にしてたのか割とマジで怒られたこと。
高校大学はたまに会えるんじゃないかと思って通学時間気にしてたこと。
99:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:36:49.07 ID:VTdCu/6C0
その場で、思い出したことだけど鼻水と涎垂らしながら
30分かけて言ってやったよ。
その間彼女はうん、うんって聞いてくれてた
最後の方はお互い鼻水ダラダラだったけど。
100:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:38:12.90 ID:VTdCu/6C0
あの頃より少し大人びた彼女は泣きながら俺に
「本当に俺は私がすきだね」って言ってくれた。
俺も泣きながら
「好きだよ」って答えた。
101:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:39:54.88 ID:VTdCu/6C0
これが2ヶ月前の話。
今年の4月から俺は働き始めて彼女も一生懸命リハビリに励んでる。
毎日は会えないけど今が一番幸せだ。
俺がもう少しお金が貯まったらプロポーズしようと思ってるわ。
のんびりだが質問があったら受け付ける。
104:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:42:25.20 ID:KOMXgrck0
>>101
おつかれ!
テンポ良かったよー
飲み会の時に一緒だった友達は、この一連のことは知ってるの?
107:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:43:58.61 ID:VTdCu/6C0
>>104
書き留めてて良かった。
一番に連絡したよ、めちゃ喜んでくれたわ
数少ない友達だな
102:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:41:07.04 ID:MjnkX3Qw0
なにこの良スレ
110:名も無き被検体774号+:2013/06/10(月) 22:50:37.23 ID:rpuBkX/20
かっこいいよ>>1
二人とも幸せになってほしい
140:名も無き被検体774号+:2013/06/11(火) 12:45:14.48 ID:XNQHfZ0eO
俺も泣けた
いつまでも仲良くな

まずは基本から抑えたいサ恋愛・婚活サイト!

ゼクシィ縁結び

まずは基本から抑えたいサ恋愛・婚活サイト!

ゼクシィ縁結び

このページの先頭へ